損益分岐点
 
損益分岐点というのは、損益ゼロ、つまり収支トントンに成る売上高を言います。つまり、これ以上売れば利益が出ますし、以下だと赤字になる点をいいます。

損益分岐点のための費用分解

総費用は次のように分解できます。

変動費 (売上高の増減に対して比例的に発生する費用)

固定費 (売上高の増減とは無関係に一定額発生する費用)

商業では通常売上原価が変動費の代表といっていいでしょう。その他仕入れ運賃や販売手数料なども変動費になりますが、金額が僅少であったり、自社にとって影響の少ないものは、固定費に含めても差し支えありません。直細かい分類を整理すると次のとおりです。

【販売業】 

変動費  

売上原価 仕入れ運賃 保管料 販売手数料 販売運賃

固定費  

販売員給料 車両修繕費 消耗品費 通信交通費 広告宣伝費 販売員旅費 役員給料手当て (事務員)賄費 福利厚生費 減価償却費 接待交際費 保険料 修繕費 賃借料 水道高熱費 支払い利息 租税公課 その他営業費

【サービス業】

変動費

直接材料費 外注費 水道光熱費

固定費

役員・従業員給料手当て 福利厚生費 賄費 消耗品費 広告宣伝費 燃料費 賃借料 減価償却費 保険料 支払利息 租税公課 

【製造業】

変動費 

直接材料費 買い入れ部品費 外注工賃 直接経費 製品仕入れ原価 物品税 販売運賃

固定費

労務費 福利厚生費 賄費 減価償却費 保険料 修繕費 賃借料 水道光熱費 通信交通費 広告宣伝費 接待交際費 消耗品費 役員・事務員給料 支払利息 販売員給与 租税公課 その他管理費

【建設業】

変動費 

材料費 労務費 外注費 動力用水 光熱費(完成工事原価のみ) 運搬費等経費 設計費

固定費

地代家賃 法定福利費 事務用品費 補償費 交通通信費 保険料 交際費 租税公課 その他経費 従業員給料 役員報酬 退職金 動力・用水・光熱費 修繕維持費 調査研究費 広告宣伝費 支払い利息 減価償却費 その他営業費 

変動損益計算書

変動損益計算書とは、総費用を変動費と固定費に分解して作成された損益計算書でその形式は、売上高から変動費を差し引いて『限界利益』を求め、これより固定を差し引いて利益を算定します。

基本的に変動損益計算書は、一般の損益計算書の売上原価を変動費に、販売費及び一般管理費から営業外収益を差し引き、営業費用を加えたものを固定費に置き換えることで、作成することができます。

損益分岐点分析

損益分岐点売上高

冒頭にも述べましたが、損益分岐点とは得も損もない収支トントンの点です。通常、損益分岐点といえば、収支トントンの売上高で表します。